SHUKUTOKU ART design

中学生のみなさんへ  お問い合わせ


系列概要生徒作品実績PICK UP!!

top > 概要 > あいさつ


 福知山淑徳高等学校アートデザイン系列では、
 日々多くの生徒が作品制作に取り組んでいます。

 一年目は基礎を固めるための授業が中心となりますが
 学年が上がるにつれ、それぞれの生徒が自分の得意分野に合わせた授業を
 受けることができます。

 授業の中には他学年と合同の授業も存在するので
 同級生はもちろん、先輩や後輩との交流も盛んに行える環境が揃い、
 作品の合評や制作での悩みの相談が気軽にできる点も、この系列の良い所だと思います。
 
 制作以外では美術史や高校美術ほか、色彩検定などの資格取得にも力を入れており
 卒業時には、ほぼ全員の生徒が色彩検定の資格を持つこととなります。


 毎年三月になると多くの生徒たちが卒業を迎え、それぞれの未来へと歩みを始めます。
 その中には、悔いを残したままに学校を去る生徒も居ることでしょう。
 もっと制作に真剣に取り組めばよかったという生徒も、
 過去に何人も見たことがあります。
 家庭を支える為に、進学を諦めざるを得なかった生徒も居ました。

 今の社会をみるかぎり、これからを生きる子供たちの道を阻む壁はますます数を増やして
 います。いつの間にか『未来は明るいんだよ』と、子供に胸を張って言うことができない
 時代になってしまったように思います。

 「絵なんか描いてどうする」「美術や芸術なんか学んでも将来役に立たない」
 なんて言う人もいることでしょう。
 自身の夢を掴み、芸術家や漫画家、イラストレーターやグラフィックデザイナーに
 なることが出来た生徒がいるように、夢破れた生徒も同じくらい存在するのは事実です。
 楽しいことばかりではない、きっとつらいことの方がよほど多い。
 でも、表現せずにはいられない、伝えずにはいられない、訴えずにはいられない
 描かずには、いられないのです。
 
 「幼い頃に見た一枚の絵がきっかけで画家を目指した」という人がいるように。
 芸術や表現はときに人の心を動かし、ときに人の人生を変えるものです。
 たった一枚の絵で人の生き方を変えることができる、それって少し面白いと思いませんか。
 
 ここで学べることなんて、長く続く美術や芸術のほんの入口にしか過ぎないかもしれない、
 けれど、みんな始めはここから、このほんの小さな一歩から始まるのです。

 生徒にとっての、誰かの人生を変える一枚の絵のような存在に
 この系列がなることができるのであれば、それ以上嬉しいことはありません。


平成23年 4月某日                  
福知山淑徳高等学校 アートデザイン系列教員一同   



▲ ページの先頭へ戻る